本文へスキップ

鹿児島市桜が丘の鍼灸院。ひろ鍼灸院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.099-264-1211

〒891-0175 鹿児島市桜ヶ丘5-22-11

施術所案内clinic guide

院長ごあいさつ

痛みやしびれ、あるいはめまいがある。身体が重い・・・。
体調が悪ければ、生活の質が低下し、ひいては生きる意味を失ってしまうことさえあります。
そんなとき、鍼やお灸はいかがでしょうか? 鍼灸は長い歴史を持ち、その効果故に、絶えることなく現代にまで受け継がれてきたものです。世界保健機構(WHO)も、その効果は認めるところです。
しかし、実際は残念ながら「鍼は痛そう」「お灸は熱いのでは?」という理由でなかなか鍼灸院に足が向かない、という方が大勢おられます。そんな方には蚊の針と同じ細さしかない超極細鍼や、針先だけを当てるだけの技、皮膚に触れるだけの鍼といったものをご紹介しています。お灸にしても近づけるだけの棒灸や、暖かさを感じたら即、取ってしまうだけの知熱灸があることをお伝えできれば、その不安は解消すると思います。
またマッサージを始めとする、他では見られない手技も多くあります。
来院された皆様が、元気で充実した楽しい日々を過ごせるよう、鍼灸と手技を通して全力でお手伝いさせていただきます。

【プロフィール】鹿児島市生まれ。高校卒業後、上京。英語講師として働くが、ハードワークで体調を崩し鍼灸と出会う。その魅力にとりつかれ、鍼師、灸師、あん摩・マッサージ・指圧師の3つの国家資格を取得。訪問診療マッサージ、整形外科、鍼灸院で4年以上、修行生活を送った後、鹿児島に戻り「ひろ鍼灸院」を開院。Fascia(ファシア・筋膜)に関係する運動器疼痛および難治性疼痛等における診療・学術・教育・研究の発展を主目的とする日本整形内科学研究会会員。

【得意分野など】原因不明の症状や慢性痛に悩んでいる方が、桜ヶ丘町はもとより、県外からもおいでいただいております。その中でもこれまで座骨神経痛、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、すべり症、と診断された症例を多く扱っております。また間質性膀胱炎を始めとする慢性骨盤痛症候群や線維筋痛症といった難病にも治療経験と十分な知識を持っております。最近では頻尿、パーキンソン病でお悩みの方の来院が増えてきました。

現在、医療の現場で注目され始めた筋膜(ファシア)や「トリガーポイント治療」もすでに10年以上前から、興味を持って勉強しておりました。2012年に筋膜性疼痛症候群研究会が鍼灸師にも門戸が広がり、即入会。現在は、日本整形内科学研究会と改名、会員は医師、理学療法師が中心で、常に情報交換および最新の知見を学んでおります。ファシア・筋膜を意識した最新のトリガーポイント治療が当院の特色です。

施術について

鍼、灸、マッサージなどの手技を約1時間行います。

正直に言って、鍼灸は何にでも一瞬で効く”魔法”ではありませんし、私自身、ゴッドハンドと呼ばれる施術家ではないと思っています。そのため鍼灸手技よりも、病院での治療の方が改善が期待できる症状だと判断した場合、また当院で施術回数を重ねても、改善の兆しが一切見られない場合は、病院での検査、治療をお願いすることがございます。過去に数例ほど病院をお勧めしたことがありますが、鍼灸院で病院を勧められたのは初めてだ、と目を丸くして言われました。
それは、激しい肩こり、あるいは何の施術をしても少しも楽にならない腰痛が実は、病院での検査で重大な病気だった、ということもありうるからです。
当院では「患者さんが今より良くなること」を最優先とし、病院での検査治療が必要と判断した場合は、即その旨をお伝えするということをポリシーにしております。




ひろ鍼灸院ビルダークリニック

〒891-0175
鹿児島市桜ヶ丘5-22-11
TEL 099-264-1211