本文へスキップ

鹿児島市桜が丘の鍼灸院。ひろ鍼灸院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.099-264-1211

〒891-0175 鹿児島市桜ヶ丘5-22-11

施術所案内clinic guide

院長ごあいさつ

痛みやしびれ、あるいはめまいがある。身体が重い・・・。
体調が悪ければ、生活の質が低下し、ひいては生きる意味を失ってしまうことさえあります。
そんなとき、鍼やお灸はいかがでしょうか? 鍼灸は長い歴史を持ち、その効果故に、絶えることなく現代にまで受け継がれてきたものです。世界保健機構(WHO)も、その効果は認めるところです。
しかし、実際は残念ながら「鍼は痛そう」「お灸は熱いのでは?」という理由でなかなか鍼灸院に足が向かない、という方が大勢おられます。そんな方には蚊の針と同じ細さしかない超極細鍼や、針先だけを当てるだけの技、皮膚に触れるだけの鍼といったものをご紹介しています。お灸にしても近づけるだけの棒灸や、暖かさを感じたら即、取ってしまうだけの知熱灸があることをお伝えできれば、その不安は解消すると思います。
またマッサージを始めとする、他では見られない手技も多くあります。
来院された皆様が、元気で充実した楽しい日々を過ごせるよう、鍼灸と手技を通して全力でお手伝いさせていただきます。

【プロフィール】鹿児島市生まれ。高校卒業後、上京。玉川大学大学院で英文学を専攻し、修士号取得。英語講師として働くが、ハードワークで体調を崩し鍼灸と出会う。その魅力にとりつかれ、鍼師、灸師、あん摩・マッサージ・指圧師の3つの国家資格を取得。訪問診療マッサージ、整形外科病院、鍼灸院で4年以上、修行生活を送った後、鹿児島に戻り「ひろ鍼灸院」を開院。Fascia(ファシア・筋膜)に関係する運動器疼痛および難治性疼痛等における診療・学術・教育・研究の発展を主目的とするJNOS日本整形内科学研究会会員、同、九州・沖縄ブロック副ブロック長。JAU日本超音波鍼灸協会会員。

【得意分野など】原因不明の難病や慢性痛に悩んでいる方が、鹿児島県内はもとより、県外からもおいでいただいております。その中でもこれまで座骨神経痛、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、すべり症、と診断された症例を多く扱っております。また間質性膀胱炎を始めとする慢性骨盤痛症候群や線維筋痛症といった難病にも治療経験と十分な知識を持っております。最近では頻尿、うつ病、パーキンソン病や多系統萎縮症などの脳神経疾患でお悩みの方の来院が増えてきました。

ようやく医療の現場でも注目されるようになった筋膜(ファシア)や「トリガーポイント治療」もすでに10年以上前から、興味を持って勉強しておりました。2012年に筋筋膜性疼痛症候群(MPS)研究会が鍼灸師にも門戸が広がり、即入会。現在は、日本整形内科学研究会(JNOS)と改名、会員は医師、理学療法士が中心で、常に情報交換および最新の知見を学んでおります。現在は九州沖縄ブロック運営委員 副ブロック長として、その普及のお手伝いをしております。ファシア(筋膜)を意識した最新のトリガーポイント治療が当院の特色です。

日本超音波鍼灸協会にも所属し、エコーで「見て」鍼を打つファシアリリース(筋膜リリース)を学んでおります。

また美容・ダイエット(痩身)目的ではない、医療としての耳鍼も行っております。NHK TVでも度々取り上げられたアメリカ軍採用の通称、戦場鍼(BFA バトルフィールドアキュパンクチュア)の元になったノジェ式の本格的な耳介鍼です。

他にも痛みの対処法として、認知行動療法・マインドフルネスや低周波鍼治療(鍼通電療法)も積極的に取り入れております。

【ポリシー】
医学は常に進歩しています。当院がたとえその末席にいるものであったとしても、日々進化し続けなければならないと考えます。院内設備の改善、医療器の新規導入や医学論文、医書の読破はもちろん、上記の所属団体の学会、研修会参加のため福岡、大阪、東京まで出かけます。コロナの影響で今年は全て休会・延期になってしまいましたが、ネットでのフォーラムやSNSグループ内での質疑、Webinar(ウェブ、インターネットを使用したセミナー)の参加と、これまで以上に知識の吸収と技の研鑽を積んでいます。

[学会・研修会 参加状況]
2020 年
・JNOS Webiner(各1h30m) 3/28, 4/11, 25(テーマ『後頭部・頸部・肩』), 5/9, 23(テーマ『angiosomeとファシア』) 、
・超音波解剖学4/18, 19(計6h) 、5/7(1h20m)、5/12動画視聴『ペインクリニック』 、5/31前腕(1h)
・オンライン大学 5/30大腿部外側(2h)

施術ご希望の前に

正直に言って、鍼灸は何にでも一瞬で効く”魔法”ではありませんし、私自身、ゴッドハンドと呼ばれる天才施術家ではないと思っています。そのため鍼灸手技よりも、病院での治療の方が改善が期待できる症状だと判断した場合、また当院で施術回数を重ねても、改善の兆しが一切見られない場合は、病院での検査、治療をお願いすることがございます。
それは、激しい肩こり、あるいは何の施術をしても少しも楽にならない関節痛が実は、病院での検査で重大な病気だった、ということもありうるからです。以前、SNSで話題になったトピックですが、膝痛で高校生が3ヶ月接骨院に通って、症状が改善せず、結局病院で進行の早い骨肉腫だったという事例が挙がっていました。当院でも施術開始前および施術期間中に病院の診療をお願いした3例が、残念ながら鍼灸手技ではどうにもならない重大な病気と診断されています。

ですから、当院を受診される方は、まず一度病院に行かれて検査/診断で異常が無いことを確認する、あるいは治療を受けていて、改善が見られないという場合に当院の来院をお勧め致します。。




ひろ鍼灸院ビルダークリニック

〒891-0175
鹿児島市桜ヶ丘5-22-11
TEL 099-264-1211